目立つのぼりとはどんなもの?

人に目につく色を使うと良い

道を歩いていると、いろいろな看板や道路標識等を見かけます。道路標識は非常に重要ですから、遠くから誰でもわかるように作られています。形であったり色にそれなりに工夫がされています。人には認識しやすい色の配色があるとされ、黄色と黒であったり、青と赤等もあります。のぼりを立ててより人に来てもらうのであれば、色をうまく配色すると良いでしょう。ただ目立つだけではいけません。どんなお客さんを集めたいかで色を選ぶようにします。飲食店であれば、食事に興味を持っている人を集客する必要があります。それなら赤や黄色など食欲をそそるような色合いが良いかもしれません。また、他の店ののぼりと異なる色合いを利用して目立たせる方法もあります。

とにかくたくさん出して目立つようにする

多くの人は、店等を運営する立場ではなく利用したい店を探す立場でしょう。既に行く店が決まっているときはその店にまっすぐ行きますが、決まっていないときは歩き回って探します。何か情報があればそちらに行って様子をうかがうかも知れません。お店を運営する側からすると、いかに人に来てもらうかを考える必要があります。のぼりは比較的安価な広告になります。目立たせる方法として、たくさん使うようにしてみましょう。一本だけだと何となくお店があるのはわかりますが、アピール度が弱くなります。本数がたくさんあると、アピール度が増して、お店を探している人の興味を誘えます。広い敷地なら等間隔にたくさん並べておけば、より目立たせられるでしょう。