のぼりを使って効果的な宣伝をしよう

複数あるのぼりの種類

のぼりの種類は複数あり、材質や大きさも様々です。シルク印刷のぼりや、綿のぼりなどがあり、目的に合ったのぼりを選ぶのが良いと思います。シルク印刷のぼりの場合は、100枚以上大量に印刷する時に向いています。何故なら、大量に印刷すると単価が安くなる場合が有り、印刷色の数が少ない場合も単価が安くなる場合が有るからです。綿のぼりは和風のイメージを求める場合には最適です。綿のぼりの価格は化学繊維素材と比べれば割高ですが、和風や高級感を求める時に向いています。しかも綿のぼりは丈夫なので、少数で長持ちさせたい時に向いています。だから選挙などにはシルク印刷のぼりを使い、和風の店で高級感を求めるなら綿のぼりが向いています。

のぼりを使った集客と効果

集客で重要なのは遠方からでもお客様に目立つことと、お客様を店に誘導する流れが必要です。これには大規模な宣伝や人員が必要です。ですが、のぼりを使えば大量に並べることで遠くからでもお客様に目立つことができます。しかも、のぼりを並べることで、お客様の流れを誘導することができます。これこそがのぼりの価値であり、安い費用で最大限の効果を出せるアイテムと言えます。お客様に目立ち誘導するには、大量に揃え易いシルク印刷のぼりが向いています。さらに店の前には、高級感のある綿のぼりを使うことで、店の高級感や本格派のイメージをお客様に伝えることができます。そのため、シルク印刷のぼりと綿のぼりを組み合わせて使うことをお勧めします。