効果的なのぼりとは?

置き方や配色を工夫すればより効果的

のぼりを利用する際に少し工夫すれば、集客効果が大きく変わります。
まず、のぼりは数を多くすればいいわけではないので注意しましょう。密集した状態でのぼりを設置しても店舗が隠れてしまい、顧客に圧迫感を与えます。のぼりの近くに訪れた人が、記載されている内容を認識できる幅を保つことが大事です。
また、配色法によっても違った効果を生み出せるのが特徴です。たとえば同じ配色ののぼりを置けば、全体に統一感が生まれて上品な雰囲気になります。ブランドイメージを強くアピールしたい場合におすすめです。
さらに、1本だけ違う色ののぼりを立てると、そののぼりを際立てて商品やサービスをアピールできます。目的によって色を使い分けましょう。

駐車場にのぼりを置く際のポイント

駐車場の大きさやお店の立地条件によってのぼりの配置を変えると、より効果的にアピール可能です。
駐車場が店舗の前面にあるなら車輪止めの後ろなどに直線的にのぼりを配置すると、目立つだけでなく駐車場を利用する顧客の邪魔にならないです。
次に道路に店舗が面していたり駐車場と店舗が離れている場合は、店舗の前に横一列にのぼりを立てましょう。この他、店舗の前に大きな駐車場がある場合は、駐車場の入り口から店舗まで顧客を出迎えるようにのぼりを置くと、効果的です。
まずは、自分のお店や駐車場にどのようにのぼりを置けばいいか考えてみましょう。歩行者やドライバーにアピールできるのぼりの配置になっているか、検討するのが大事です。